些細なストレスでも症状が悪化する自律神経失調症|神経が左右

女性

膠原病の検査に有効

女性

抗原を明確に

人間の体は、免疫力によって、侵入してきた細菌から守られています。細菌はたんぱく質で構成されているので、免疫力にはたんぱく質を攻撃する力があると言えます。ところが膠原病になると、この免疫力が、問題のないたんぱく質を体に害をなすものとみなし、攻撃するようになります。体に必要なたんぱく質でも攻撃されるため、それによる炎症反応で発熱や痛みなどの症状が出てきます。この膠原病の治療のためにおこなわれている検査が、免疫沈降です。攻撃を受けるたんぱく質は抗原と呼ばれているのですが、免疫沈降では体内のどのたんぱく質が抗原となっているのかを、明確にすることができます。抗原が明らかになれば、それを除去することで、炎症反応を抑えることができるのです。

特定の抗原と反応する抗体

免疫沈降では、まずは抗原病患者の体から、サンプルとする細胞の採取がおこなわれます。サンプル内には多くのたんぱく質が含まれているのですが、そこに特定の抗原と反応する抗体を注入するのです。その抗体が、サンプル内のたんぱく質に反応すれば、そのたんぱく質が抗原ということになります。さらにその抗体と抗原とは結合し、それによって分子サイズが大きくなります。その分重みによって沈んだり、遠心分離で容易に他のたんぱく質と分けることができるようになったりします。これにより、サンプルから的確に除去することが可能となるわけです。このように免疫沈降は、膠原病の原因を追究するためにはもちろん、治療方法を決めるためにも、非常に役立つ検査なのです。