些細なストレスでも症状が悪化する自律神経失調症|神経が左右

女性

様々な症状が出る腫瘍です

看護師

突然に難聴が起こります

ある日突然に大きな耳鳴りが起きたり、片方の耳が聞こえなくなる場合があります。時にはめまいが併発する為、吐き気で安静にしておかなければならない場合もあります。聴力を司る内耳は聴神経を通じて脳へ情報を伝達していきます。そのパイプ役となるのが聴神経です。聴神経は蝸牛神経と前庭神経で構成されており、音の情報だけでなく平衡感覚を司る場合もあります。この神経に腫瘍ができると聴神経腫瘍と診断され、早期に治療を始めなくてはなりません。発症する場所により半規管や耳石といった部位に影響を与えるとめまいが起こります。また、脳に近い部位に腫瘍ができると脳を圧迫する恐れもあり、摘出手術に向けてさまざまな検査を受けなければなりません。

様々な治療方法が選べます

聴神経腫瘍はたいていの場合、片耳に発症する良性腫瘍です。そのため難聴も片方の耳にのみ発症します。時に顔面神経を刺激して顔面にしびれを感じたり、痛みを伴うことがあります。聴神経腫瘍は発症する場所や大きさにより症状が異なるため、画像検査により今後の治療方針を定めていきます。脳に近い場所での腫瘍は小さいうちに摘出したほうが効果的ですが、手術による後遺症を考慮すると放射線治療に切り替える方法も選択できます。放射線治療は周囲の臓器に影響を与えないように緻密に計算して照射していきます。しかし聴神経腫瘍が小さくなることはあっても抜本的に消滅させることは難しく、経過観察が大切になります。高齢者の場合、体力的にも負担が大きい場合には腫瘍の進行状況により観察する場合もあり、治療には様々な選択筋があります。