些細なストレスでも症状が悪化する自律神経失調症|神経が左右

女性

脳の血管の病気の治療

病院

脳が活動をするには大量の血液が必要になるため、脳には数多くの血管が張り巡らされています。脳動静脈奇形は脳の血管の奇形で、くも膜下出血や脳卒中、てんかんなどの原因になります。脳動静脈奇形は年齢が進むにつれてどんどん大きくなるので、くも膜下出血や脳卒中になるリスクが年々高まります。脳動静脈奇形を治療するには外科的治療しか方法はなく、脳神経外科で治療を受けることが必要です。脳神経外科での脳動静脈奇形の治療は、頭部を開いて外科手術で脳動静脈奇形を摘出します。脳動静脈奇形の治療は外科手術が基本ですが、外科手術ができない場合には放射線を用いたガンマナイフ治療で治療を行います。

脳神経外科は外科的治療で脳神経の病気の治療を行う診療科目であり、外科手術で脳動静脈奇形などを治療します。脳の外科手術は頭蓋骨を切開することが必要になるため高度な技術が要求され、患者の方も手術に耐えられる体力が必要になります。脳神経や脳の血管の病気は高齢になるほど病気を患うリスクが高まるため、高齢の患者が多いことが特徴です。しかし高齢者は若者のような体力はないので、外科手術をすることができない高齢者は大勢います。ガンマナイフ治療は放射線治療の一種で、放射線を患部に照射することで脳動静脈奇形を治療することができます。ガンマナイフ治療は脳疾患を患っている高齢者からの人気が高く、大勢の高齢者がガンマナイフ治療で脳動静脈奇形を完治させています。