些細なストレスでも症状が悪化する自律神経失調症|神経が左右

レディー

膠原病の検査に有効

女性

膠原病になると、問題のないたんぱく質が、抗原として免疫力に攻撃されるようになります。この抗原となっているたんぱく質を明確にするためにおこなわれている検査が、免疫沈降です。具体的には、特定の抗原と結合する抗体を注入するのです。結合すれば抗原が明らかになる上、それを遠心分離で除去できるようになります。

もっと読む

脳の血管の病気の治療

病院

血管が密集している脳の治療を行う際には、ガンマナイフと呼ばれる放射線治療が用いられる場合があります。脳動静脈奇形の場合外科手術が難しいケースが有りますが、そういった場合でも放射線を用いることで正確な治療が可能でしょう。

もっと読む

自律神経が左右している病

男性

病気と体質の関係性

自律神経失調症状を起こしやすい体質の人は、虚弱で病気にかかりやすいイメージが持たれていますが、自律神経の働きが通常よりも敏感だというだけで、体質がそのまま病気に直結する訳ではない点も知っておきたい情報です。些細な刺激によって自律神経が反応することもあり、かえって重症化することが防げる場合が多くあります。心身の両方を診る心療内科では、規則正しい生活を意識させる生活指導や理学療法を提案してくれているため、体を鍛えたりすることでストレスに対する抵抗力も備わり、病気にかかりにくい体質へと予防や改善ができます。様々な療法の中から症状や性格に合ったものを選んでアプローチしてくれますが、五感に働きかけて免疫力を高める効果が証明されている音楽や香りによる療法も近年、話題を集めています。

症状の現れ方

人によっては、1つの症状だけが強く続くこともありますが、多くの場合には複数の症状が重なって現れるのが自律神経失調症に言える内容です。例えば、交感神経が高まることにより、末梢の血管が収縮して血行不良となり、頭痛や肩こりなどを心療内科に訴える人は少なくはない実情です。一方、副交感神経が高まると気管支を収縮させて喘息が起きます。症状の現れ方は不定なのも自律神経失調症と称されている病気の特徴で、症状が現れたり消えたり、強まったり弱まったり、また期間をおいて繰り返すケースも挙げられています。自律神経失調症と診断される人の多くは全身の各器官に症状が現れるのも特徴で、筋肉や関節、皮膚にまで影響されるため、これまで未病として病気の一歩手前と診断されてきたものの、病気として完治へ向けた治療が進んでいます。

様々な症状が出る腫瘍です

看護師

聴神経腫瘍は内耳から脳へ繋がる聴神経にできる良性の腫瘍です。難聴や耳鳴り、めまいや顔面のしびれなど、大きさや位置により症状が異なります。画像検査により腫瘍を特定し早期に治療を開始していきます。摘出以外にも放射線療法もあり、相談しながら治療方針を決めていきましょう。

もっと読む